株式会社OSCAR J.J  RE(リアルエステート)部門 部門長・既存住宅開発担当の居石 (すえいし) 一成 が、オスカー不動産についてお話しいたします。

部門長・居石一成

オスカー不動産が目指すもの

住宅は不動産です。この言葉に対しては、誰しも疑問は抱かないでしょうが、今の日本における住宅に関する扱いは本当にそうでしょうか?

確かに「不動」ではありますが、実際には「資産」としては扱われていません。土地に関しては、その資産価値は需要と供給の関係によりその時期や場所、時代と共に変動します。バブル崩壊後は長年に渡り下落し続けましたが、それは経済状況によるものであり、本来は下がる一方ではなく上がる事もあり得ます。

ところが、住宅は経年と共に資産価値としては償却されやがては、ゼロと見なされます。住宅は不動産と言われながらも実際には、資産ではなく耐久消費財扱いでした。これまでの日本ではこれが当たり前であり、その事に誰しも疑問を感じていませんでしたが、これは決して世界標準ではありません。

欧米では「住宅」は資産であり、適切に維持管理された住宅は長年に渡ってその価値を維持します。また、場合によっては維持どころか、築数十年、あるいは築100年以上の住宅が新築よりも高い価値=値上がりする事も決して珍しい事ではありません。今、日本においてもこの点を見直す時期に来ています。

使える住宅の再生

現在の日本には多くの住宅ストックがあります。

しかし、その中には、表面上は劣化していても、構造躯体自体は適切な補強修繕を行えばまだまだ使える住宅がたくさん埋もれています。私たちはこの埋もれた住宅を再生する=リノベーション住宅として、資産価値を再生し、世の中に循環させる事に取り組みます。

「リノベーション」とは、「機能・性能・デザイン性、それらを総合した価値を元の状態よりも向上させる」という意味で使われます。それに対して、従来からよく言われる「リフォーム」は「機能・性能を回復させる(回復であって向上ではない)。あるいは、デザインを変える=模様替えをする(機能性能は現状維持)」と言う意味になります。

『新築ヨリモ』の誕生

今年より私たちはこれを具体化したモノ=コトとして新しい商品をリリースします。
それが『新築ヨリモ』です。少しベタ(下手)なネーミングという気も我ながらしますが、「名は体を表す」です。

既存の住宅に長年培ってきた戸建て住宅の改修ノウハウを駆使=リノベーション工事を施し、現在の新築住宅と同等の機能・性能・耐久性・デザイン性を付加し、かつ新築住宅よりもお値打ちな価格パフォーマンスを出す。今後、私たちは、この「新築ヨリモ」の完成住宅を、これから新たに住宅を手に入れようとお考えのご家族に向けて各地で順次販売していきます。

なおOSCARHOMEでは、これまで通り2×4新築住宅も建築していきます。
「新築住宅」と、この「新築ヨリモ」この違いは何か?という事に関するちょっとした例え話なのですが、私たちは次の様に考えています。

  • 新築住宅=200万円の新車
  • 新築ヨリモ=適切に※1レストアされた200万円の中古車

どちらも良い点があり、選ぶ方の考え方次第です。新品が良い(新車じゃないとイヤだ)と言う方ももちろんおられるでしょうし、逆に、同じ200万円出すなら、たとえ中古車でも、より大きい車、或は、よりグレード的には高い車が良い…と言う方もおられるでしょう。そう考え、新たに「新築ヨリモ」と言う商品を私たちの商品ラインナップに加え、お客様に提供していきたいと考えております。

また同時に「新築ヨリモ」完成住宅の販売のみではなく、これから購入予定の既存(中古)住宅や、今お住いの住宅に対する、ホームインスペクション(住宅診断)から「新築ヨリモ」リノベーション工事、更にその資金計画まで、弊社のリフォーム&リノベーション部門「住まいるオスカー」にて、トータル提案致します。

私たち不動産(RE)部門は、OSCARJ.Jのミッション「循環型住み替え社会の実現に貢献する」。その一翼を担う為、宅地開発、及び、既存住宅のリノベーション事業に取り組み、挑戦し続けます。

お気軽にご相談ください。今すぐ!無料相談

0120-220-138 営業時間:9:00〜18:00
メールでのお問い合わせ